加工技術

加工技術

加工技術について

プラスチックは近年多様化の一途をたどり一般家庭にも普及してまいりました。安くて軽いプラスチッ ク製品はいろいろな形に変形し、ありとあらゆる用途に使用されるようにもなりました。 しかし、ここに来て環境に関する問題が発生すると先ずプラスチックが注視され、燃やすとダイオキシンが発生するプラスチックは使用しないとゆう企業も増えてまいりました。 そこで従来使われていたものに代わって燃やしても有害ガスを発生しないものや、あるいは自然に戻る生分解性のプラスチックが開発され、徐々にではありますがそれらのものに移行しております。 また、リサイクルも盛んになり紙同様に再生プラスチックの応用も広がってまいりました。そこで当社はいち早くこの問題に取り組むべく、廃棄材の少量化、リサイクル二次製品化を柱に努力しております。

フライス加工

直方体に近いものはフライス加工で対応します。 フライスとは円筒形でドリルのような刃を持つ工具で、穴開けや溝加工など様々な加工が可能となっております。 鶴丸機工商会では複雑な形状の部品や高精度が求められる部品でも、信頼の技術力で丁寧に加工を行います。

旋盤加工

鶴円柱・球状のものは旋盤加工で対応します。 繊細な技術が必要になる球状、円形のものも鶴丸機工商会では 卓越した技術の職人の手により美しく滑らかな製品に仕上がります。 また、加工の時間も素早く行うことができます。

接着・溶接加工

接着・溶接で一番大切なのは強度です。 適切な素材と製品の形状を上手く計算し、 見た目も美しい強度のある接着・溶接を行います。 加工が完了したあともチェックは欠かさず、納得のいく仕上がりになります。

熱加工・曲げ加工

プラスチックの熱加工・曲げ加工は、可能な限り要望に沿った形状にすることができます。 また出来上がりのイメージから精密な作業まで職人が行いますので、加工後の形を正確にイメージし、美しく安定した製品に仕上げることができます。

TOP