ホーム>プラスチック加工について>プラスチック加工について
プラスチック加工について

プラスチック加工について

はじめに

プラスチック加工について

プラスチックは近年多様化の一途をたどり一般家庭にも普及してまいりました。安くて軽いプラスチッ ク製品はいろいろな形に変形し、ありとあらゆる用途に使用されるようにもなりました。

しかし、ここに来て環境に関する問題が発生すると先ずプラスチックが注視され、燃やすとダイオキシンが発生するプラスチックは使用しないとゆう企業も増えてまいりました。

そこで従来使われていたものに代わって燃やしても有害ガスを発生しないものや、あるいは自然に戻る生分解性のプラスチックが開発され、徐々にではありますがそれらのものに移行しております。

また、リサイクルも盛んになり紙同様に再生プラスチックの応用も広がってまいりました。そこで当社はいち早くこの問題に取り組むべく、廃棄材の少量化、リサイクル二次製品化を柱に努力しております。

業務内容

業務内容

当社は創業以来、塩化ビニールやアクリルの加工を中心に業務を行ってまいりましたがその内容は様々で、初期の頃は澱粉工場の配管や、水道の配管部品が主でした。

次に建材としての加工品の利用が増え、それからIC工場でのプラスチック製品の用途が多くなってまいりました。現在は機械の安全カバーやケース、水槽、排気ダクトなどが多く、時折精密部品や装置の受注もあります。

永年にわたるプラスチック加工での経験と知識では、他の同業者に負けないと自負しております。プラスチックには適材適所があります。
使い方を間違えないように選定することをお薦めいたします。